スターアライアンス世界一周航空券 SFC修行の注意点

SFC修行についてはこちらの記事をまずご覧ください

必要PP 50000PP (うち、ANA便で 25000PP)
この、赤大文字で書いたところが、世界一周航空券とSFC修行の両立を難しくしています。
ANA便は日本発着便しかありません。世界一周では15回以上飛行機に乗りますが、普通に一筆書きすると最初と最後の2回しかANA便に乗れません。たった2回では、10000PPぐらいが関の山です。

この問題を解決する、以下の注意点に気を付ければ、PP的に効率の良い航路で発券できます。

絶対ビジネスで航空券を取ってください

その上で。。。

  • 日本を出国する航路を、ANAの日本⇔東南アジアorオセアニアにする
  • 帰国航路をANAのアメリカ東海岸⇔東京 にする

↑は入れ替え可能。これでANA分25000PPに近づきます。
残り10回以上フライトが残っているので、50000PPは余裕で達成できます。

もうエコノミーで取っちゃった、という人は

かくいう私はこの記事で書く注意点を知らないままエコノミーで発券・世界一周をしてしまいました。
世界一周が終わって獲得したPPは35000弱。帰国後、SINタッチやOKAタッチ修行を行って、なんとか50000PPを達成しました。(詳しくは別の記事で)

このブログをご覧の皆さんは、そんな思いをしないように、以下の注意点を守ってPP効率のいい航路で発券してください。

ANA便を増やす

マニラタッチの例

東京→マニラ→大阪→シンガポール→欧州→ニューヨーク→東京

羽田~マニラ 3220
マニラ~大阪 3220
大阪~シンガポール 5368
NY→東京 7123
合計 18931 PP (ANA分 残り7000PP)

UNITED便を使わない

アメリカのUNITED航空だけ、普通運賃扱いではなく、1段階PPのランクが下がりました。(涙)

ヨーロッパ→アメリカやアメリカ国内線も、UNITED航空以外を使うようにしましょう。基本はルフトハンザ乗っておけば大丈夫です。

折角の世界一周旅行なので・・・

行きたいところにいくのがもちろん大前提ですが、距離やストップオーバーに余りが出るくらいなら、東南アジア・オセアニアタッチをしてから出発すると、ANA分25000PPの獲得が容易になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました